スポンサーサイト

  • 2010.05.31 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


<コースター事故>通報は3時間後 教師の要請受け、初めて(毎日新聞)

 三重県志摩市のテーマパーク「志摩スペイン村」で25日、ジェットコースター「ピレネー」に乗っていた神戸市立東灘小6年男児(11)が座席の安全バーに顔を強打し、右眼窩(がんか)底骨折の重傷を負った事故で、スペイン村が県警鳥羽署に通報したのは事故から約3時間後だったことが26日、分かった。スペイン村は引率教師から救急車の要請を受け、初めて通報していた。

 男児は同署に「最初に1回転する際、上昇中に安全バーに顔をぶつけた」と話しているという。同署は26日午前、業務上過失傷害容疑で実況見分を行い、従業員から作業手順などを聞き取り、県も調査に入った。ピレネーの運転は見合わせている。

 スペイン村の説明では、午後2時10分ごろ、コースターから降りた男児が鼻血を出し「右目が痛い」と訴えたため、救護室で応急処置をした。顔にはれなどはなく、救護室で様子を見たという。

 引率教師は救急車を呼ぶよう要請し、スペイン村は午後3時半になって119番通報した。県立志摩病院(志摩市)へ救急搬送中に嘔吐(おうと)したとの情報が入り、午後3時55分に社長に事故を報告。診断結果が出た後の午後5時ごろ、同署に通報した。

 スペイン村は「男児に目立った外傷はなかった。原因が分からない段階で通常、警察に通報はしない」と説明している。矢尾弘・営業企画部長は26日、「男児が一生に1回の修学旅行で不快な思いをしたことを謝りたい」と謝罪した。【福泉亮、大野友嘉子】

【関連ニュース】
志摩スペイン村:安全バーに顔打ち、小6男児が骨折
テーマパーク /香川
コースター事故:神戸の小6男児、安全バーに顔打ち骨折−−三重・志摩スペイン村

<ノーベル平和賞>歴代受賞者が集う国際会議、広島開催決定(毎日新聞)
<訃報>津浦嵩さん75歳=元住友商事副社長(毎日新聞)
「仮想空間」マルチ商法 きょう強制捜査 埼玉県警(産経新聞)
ボクサーの亀田興毅選手が都内で接触事故 けが人なし(産経新聞)
「頭越しだ」沖縄県知事が日米共同声明に不快感(産経新聞)

口蹄疫対策で首相、支援強化検討を指示(読売新聞)

 鳩山首相は16日、首相公邸で平野官房長官と会談し、宮崎県で感染が拡大している「口蹄疫」について、政府として対策の強化などを検討するよう指示した。

 これに先立ち、平野長官は同日、宮崎県庁を訪れ、東国原英夫知事と会談した。知事が農家の経済的損失の全額補償など国の支援を要望したのに対し、平野長官は「危機管理という考え方で対応しなくてはいけない。農家の生活安定についてもしっかりと受け止めて対応したい」と述べた。

 会談で、知事は、殺処分対象の家畜が8万2000頭を超えたことや、県のブランド牛の種牛を飼養している県家畜改良事業団にも感染が拡大したことなどを説明した。そのうえで、「生産者の無念さ残念さは尋常ではない。現場は非常に疲弊をしており、防疫対策の作業員の増員が必要だ」と指摘した。

福島党首、普天間県内移設なら閣議了解応じず(読売新聞)
<口蹄疫>大分、鹿児島両県で種牛などの移動を検討(毎日新聞)
<巨大ジオラマ>昭和30年代の高山を再現 田上さん宅「匠の館」で一般公開(毎日新聞)
<真夏日>東京都心で30.9度 7月下旬並みの暑さに(毎日新聞)
<業務上横領>男性事務官を免職処分、地検に告発 千葉地裁(毎日新聞)

「あなたが戻ってこられる世界はない」目撃者の厳しい言葉に加藤被告は(産経新聞)

【法廷ライブ 秋葉原17人殺傷 第7回公判】(4)

 《加藤智大(ともひろ)被告(27)が運転するトラックが、現場の交差点へ突入するのを目撃したという男性証人。トラックを降りた加藤被告は証人の横を走って通り過ぎ、付近にいた通行人らを次々と刺したとされる。証人は恐怖の瞬間を振り返った》

 検察官「そのとき、2の場所にいた人物は何をしたと思いましたか」

 証人「数秒のことでしたが、人を刺したんだと思いました」

 《法廷内の大型モニターに映し出された現場付近の地図には、1、2、3という数字が書き込まれている。加藤被告の移動経路を示しているようだ》

 検察官「あなたのいた位置からは、男の手元はやや見にくいですね?」

 証人「はい」

 検察官「男は手に何を持っていましたか」

 証人「それは見てないですね。はい」

 《証人は当時、交差点にある大型電器店前の歩道を歩いていたという》

 検察官「そのとき、周囲はどんな様子でしたか」

 証人「もう、クモの子を散らすように、みんな逃げていきました」

 《証人のすぐそばにある長いすに座った加藤被告は、右脇腹のあたりを手でさすっている。時折、細かく瞬きをするものの表情は変わらない》

 検察官「あなたはどんな気持ちでしたか」

 証人「体が震えるというか…。もうガタガタして。呆然(ぼうぜん)としました」

 検察官「何が起きてると思いましたか」

 証人「最初は(交通)事故だと思ったんですが…。通り魔殺人事件が起こったんだと思いました」

 《証人は恐怖をかみしめるように、「犯人がすぐ横を通っていったので、僕も刺されてもおかしくなかった」と言葉を続けた》

 検察官「その後、あなたは移動しましたね?」

 証人「(当時立っていた場所からは)犯人は見えませんでしたが、どこにいるか分からないので移動しました」

 《検察官が地図に、証人の移動経路を矢印で書き込む。証人は電器店の裏側に回り込むように移動したようだ》

 検察官「そこにも倒れている人がいたのですね?」

 証人「はい」

 検察官「何人いましたか」

 証人「3人です」

 検察官「倒れていたのは車道ですか」

 証人「はい」

 検察官「ここに倒れていたという男性の様子はどうでしたか」

 証人「もう、血まみれで倒れていました。ぐったりした様子でした」

 検察官「女性の様子は?」

 証人「顔が蒼白(そうはく)で、ぐったりしていました」

 検察官「(別の)男性は?」

 証人「一緒にいた女性の方が、声をかけていました」

 検察官「それを見てどう思いましたか」

 証人「もう大変なことが起きたと思ったし、自分も危なかった」

 《検察官が「この人たちは誰にやられたと思いましたか」と尋ねると、証人は右側に座った加藤被告に一瞬視線を移した後、「眼鏡をかけた、横を通り過ぎていった男だと思いました」と答えた》

 検察官「あなたは歩道にいたから助かったのですね」

 証人「はい」

 検察官「事件後、あなた自身への影響はありましたか」

 証人「しばらく寝ているときに目が覚めたりしました。あと、音楽プレーヤーを聴いているときにこの事件にあったため、しばらく音楽プレーヤーが聞けなくなりました」

 検察官「それはなぜですか」

 証人「(音楽を聴いていて)外の音が聞けないのが、すごく不安になるからです」

 検察官「最後に言いたいことはありますか」

 証人「はい。被告に対しては厳しい裁判結果を出していただきたいと思います」

 《さらに、証人は少しためらいがちに「え…あの…」と言いながらも、加藤被告をじっと見つめ、ゆっくりと続けた》

 証人「どんな裁判結果が出ても、あなたが戻ってこられる世界はありませんので。そのことを理解してください」

 《加藤被告は前の机に視線を落としたまま、かすかに顔を上下させた》

 《この後、検察官は被害者の写真を見せながら、証人が目撃した人物と同じかどうかを確認し、尋問を終了。代わって女性弁護人が質問に立った》

 弁護人「トラックがあなたの横を通り過ぎていったということですが、運転していた男の様子は見えましたか」

 証人「見えました」

 弁護人「男の表情は見えましたか」

 証人「見えませんでした」

 弁護人「(運転席に)眼鏡をかけた男がいたということですね」

 証人「はい」

 弁護人「男があなたの横を通り過ぎたということですが、あなたとの距離はどのくらいでしたか」

 証人「(加藤被告がいた)車道と(自分が立っていた)歩道の間にさくがあったが、だいたい1、2メートルぐらいでしょうか」

 弁護人「男の表情は見えましたか」

 証人「表情は見えませんでしたが、白っぽい服装でめがねをかけていました」

 弁護人「男は手元に何か持っていましたか」

 証人「分かりません」

 弁護人「周りはどのような様子でしたか」

 証人「人だかりで。たくさん人がいました」

 弁護人「男は人だかりに向かって走っていったということですか」

 証人「はい」

 弁護人「男は移動する間、ずっと走っていたのですか」

 証人「自分の意識としてはそういうことです」

 《代わって男性弁護人が質問に立った》

 弁護人「あなたの検察調書によると、100人ぐらいの人だかりができていたということですが」

 証人「はい」

 弁護人「人だかりができていたのは、だいたいどのあたりだったか地図に書いてください」

 《証人は赤ペンで、地図に楕円(だえん)を描き込んだ。ここで尋問は終了し、証人は書類に必要事項を記入した後、退廷。続いて加藤被告も、傍聴席に深々と頭を下げて法廷を後にした。公判は昼休みを挟み、午後1時半から再開するという》

 =(5)に続く

【関連記事】
きょうの公判 ライブ一覧(1)〜
「犠牲になった友人が背中押して助けてくれた気がする」 秋葉原殺傷の被害者が証言
「みんな死ねば」加藤被告の悔恨 秋葉原17人殺傷
秋葉原殺傷事件 引きずる影、薄れる記憶
秋葉原殺傷初公判 加藤被告「申し訳ありません」と謝罪

現行案修正は駄目=辺野古なら連立離脱示唆−社民党首(時事通信)
<独立行政法人>17独法で海外出張に「支度料」支給(毎日新聞)
「どないなっても知らんぞ」 公共工事の下請け強要未遂容疑で男を逮捕 大阪(産経新聞)
もんじゅ運転再開決定、交錯する思い 地域振興の「切り札的存在」(産経新聞)
普天間にも「職を賭す」=5月末決着に強い決意−鳩山首相(時事通信)

<ニュース1週間>井上ひさしさんが死去/ポーランド大統領搭乗機が墜落(毎日新聞)

 今週(4月10〜16日)のニュースをまとめた。

【事故現場の様子を写真で見る】ポーランド大統領機墜落

 ◇井上ひさしさんが死去

 人間や社会のあり方を笑いの衣に包んで問いかける作品を多数執筆して「現代の戯作者」と呼ばれ、一貫して反戦を訴えた小説家・劇作家の井上ひさし(いのうえ・ひさし、本名・廈=ひさし)さんが9日、肺がんのため神奈川県鎌倉市の自宅で死去した。75歳。

 山元護久さんと共作したNHK人形劇「ひょっこりひょうたん島」(64〜69年)が好評を博し、舞台では「道元の冒険」で岸田国士戯曲賞を受賞、84年には劇団「こまつ座」を旗揚げ。小説「手鎖心中」で直木賞、「吉里吉里人」は日本SF大賞などを受賞。日本ペンクラブ会長を務め、大江健三郎さんらと護憲活動にも取り組んだ。

 ◇「たちあがれ日本」の略称は「日本」

 無所属の平沼赳夫元経済産業相(70)と、自民党に離党届を出した与謝野馨元財務相(71)らが10日、東京都内のホテルで記者会見し、新党「たちあがれ日本」の結成を発表した。平沼氏が代表、与謝野氏が共同代表に就任した。同党は13日、7月の参院選比例代表で使う略称を「日本」とする方針を決めた。昨年の衆院選比例代表では新党日本が「日本」を使用しており、今回の参院選で両党が同じ略称を使えば、獲得票数に応じて案分される。

 ◇ポーランド大統領搭乗機が墜落

 1940年に起きた「カチンの森事件」の追悼式に向かうカチンスキ大統領らを乗せたポーランド政府専用機は10日、ロシア西部スモレンスクの森に墜落、大破した。同機にはカチンスキ大統領夫妻のほか、軍参謀総長や中央銀行総裁、主要政党幹部らが搭乗。国家の要人を一挙に失った。

 ◇タイで日本人カメラマン狙撃され死亡

 タイ政府は10日、首都バンコク中心部で反政府集会を続けるタクシン元首相派組織「反独裁民主戦線」(UDD)の強制排除に乗り出した。軍や警察部隊とデモ隊との大規模な衝突に発展し、地元病院によると、ロイター通信の日本人テレビカメラマン、村本博之さん(43)を含む民間人7人と兵士6人の計13人が死亡。ロイター通信によると521人が負傷した。タクシン派に対する軍の鎮圧で死傷者が出たのは、昨年4月にUDDの抗議行動が暴徒化した際以来。

 ◇新生銀行とあおぞら銀行、合併破談

 新生銀行とあおぞら銀行は、10月に予定していた合併を白紙に戻す方針を固めた。合併行の経営方針をめぐって溝が埋まらなかったうえ、新生が10年3月期に1000億円規模の連結最終赤字に陥る見通しとなり、当初1対1としていた合併比率の実現が難しくなったため。今後は営業面などで業務提携する方向で調整する。

 ◇シカにボーガンの容疑者逮捕

 奈良市の奈良公園で先月、ボーガン(洋弓銃)の矢が刺さった雌ジカが死んだ事件で、奈良県警は13日、津市の飲食店経営、稲垣銀次郎容疑者(39)を文化財保護法違反(天然記念物のき損)容疑で逮捕し、自宅を家宅捜索した。逮捕容疑は、3月12日夜〜13日未明、奈良公園内にある春日大社境内で、シカにボーガンで矢(長さ約52センチ)を放ち、死なせた疑い。奈良公園一帯のシカは国の天然記念物に指定されている。

 ◇TOSHIさんの事務所が破産

 人気ロックグループ「X JAPAN」のボーカル、TOSHI(トシ)さんの個人事務所「トシオフィス」(栃木県那須塩原市)が、東京地裁から7日付で破産開始決定を受けていた。トシオフィスは企画会社「ホームオブハート」の実質的な広報、営業部門を担当。ホームオブハートは運営する自己啓発セミナーを巡る訴訟で3月、元参加者と和解している。

 ◇亀田史郎氏を“永久追放”

 3月27日の世界ボクシング評議会(WBC)フライ級王座統一戦で敗れた亀田興毅選手(23)=亀田=の父史郎氏(44)が試合後に立会人らに暴言を吐いた問題で日本ボクシングコミッション(JBC)は13日、東京都内で倫理委員会を開き、史郎氏にセコンドライセンス取り消しの処分を科すことを、全会一致で決めた。今後いかなるライセンスの申請も受理せず、JBCの管理権限が及ぶ客席、リングサイド、控室への立ち入りも禁止した。事実上の永久追放といえる重い処罰となった。

 ◇復帰のウッズはVならず

 男子ゴルフの今季メジャー第1戦、マスターズ・トーナメントは11日、当地のオーガスタ・ナショナルGC(7435ヤード、パー72)で最終ラウンドを行い、フィル・ミケルソン(米国)が通算16アンダーの272で4年ぶり3度目の優勝を果たした。出場自粛からの復帰戦となったタイガー・ウッズ(米国)は、7番と15番でイーグルを決めるなど69と三つスコアを伸ばすも、4位タイに終わった。

 ◇1Q84続編が発売

 村上春樹さんの長編小説「1Q84」の「BOOK3」(新潮社、1995円)の“秘密のベール”が16日、外された。ベストセラーとなった「BOOK1」「BOOK2」の同時刊行から約11カ月。一部の書店では午前0時に発売が始まり、熱心なファンらが次々と待望の新刊を買い求めた。

【関連ニュース】
【写真で見る】追悼 井上ひさしさん
【関連写真特集】亀田興、判定で初黒星 王座陥落…トリプル世界戦の模様
【関連記事】1Q84:「BOOK3」16日に発売 フィーバー再燃か

次席検事「必要な協力を行う」 明石歩道橋事故で元副署長を強制起訴(産経新聞)
非番で…消防士が酒気帯び運転、逮捕 和歌山(産経新聞)
<口蹄疫>1週間さかのぼり調査へ 農水省(毎日新聞)
漁船操舵員の「思い込み」原因 沖縄南方沖衝突3人死亡で運輸安全委報告書(産経新聞)
男児ポルノビジネス摘発…報酬で小中高生誘う(読売新聞)

介護職員処遇改善交付金の恒久化を−連合会長(医療介護CBニュース)

 民主党の「国民生活研究会」(中野寛成会長)は4月16日の総会で、連合の古賀伸明会長を招き、連合の政策提言についてヒアリングし、意見交換した。古賀会長は「介護保険制度は人材不足で、崩壊の危機にある」との認識を示した上で、「時限措置である介護職員処遇改善交付金の制度と財源の恒久化が必要だ」と強調した。
 
 この日の総会は、同研究会が夏の参院選マニフェストの雇用分野での方針を固めるために開催した。昨年の衆院選マニフェストで民主党は、「介護労働者の賃金を月額4万円引き上げる」と明記している。介護報酬は、昨年度のプラス3%改定により月額9000円増加。これに加え昨年10月、1人当たり賃金を1万5000円引き上げるために介護職員処遇改善交付金の制度がスタートしたが、11年度末で終了する。  

 連合はこのほか、政策提言で医療や介護分野について、▽勤務医・看護師の不足や偏在を解消するために政府、自治体が必要医師数などを定め、適正配置への協力を義務付ける▽勤務医の働き方の改善による離職防止や潜在看護師の活用▽介護サービスにおける医療(類似)行為について議論を進め、一定条件での行為を可能にする-などを提案している。  

 古賀会長は、「私たちも参院選は、まさに政権交代の仕上げとして、全力を挙げていくことをお誓いする」と付け加え、連合の提言がマニフェストに強く反映するよう求めた。


【関連記事】
医師養成数目標の見直しで合意−民主党第二分科会
混合診療解禁などで意見交換−民主党国民生活研究会総会
医療分野の素案明らかに−民主党参院選マニフェスト
マニフェストの進捗でヒアリング―民主党研究会分科会
介護職員の処遇改善は実現するのか―2009年重大ニュース(2)「介護報酬改定と介護職員処遇改善交付金」

<神奈川県箱根町>満開のサクラが雪化粧 積雪10センチ(毎日新聞)
民主、首長選で苦戦…衆院選後29勝37敗(読売新聞)
「缶詰料理」ひと工夫で“料亭の味”(産経新聞)
「不適切な行為」と謝罪、虐待は認めず 宇都宮の老人施設(産経新聞)
<初代ミニ新幹線>400系「つばさ」ラストラン 歴史に幕(毎日新聞)

<郵便不正事件>大阪地裁が上村被告弁護人の証人申請却下(毎日新聞)

 郵便不正事件で虚偽有印公文書作成・同行使罪に問われた厚生労働省元局長、村木厚子被告(54)の刑事裁判で、大阪地裁(横田信之裁判長)が村木被告の弁護側が申請していた元係長、上村勉被告(40)の弁護人2人の証人申請を却下していたことが分かった。弁護側が12日、明らかにした。

 これまでの公判で、村木被告が偽証明書の作成を指示したとされる検察側主張について、上村被告は「私が独断で作成した。指示はなかったと主張したが、検事が聞き入れなかった」と証言。上村被告の「被疑者ノート」にも一貫して指示を否定する取り調べの経過が記載されていたため、村木被告の弁護側が「ノートの信用性を立証したい」として証人申請していた。【日野行介】

【関連ニュース】
郵便不正事件:副検事が出廷、信用性を主張…大阪地裁
郵便不正:元局長の部下が出廷 「記憶にない」と証言
郵便不正:障害者団体の元幹部、起訴内容認める
郵便不正事件:枝野行政刷新相「検察の間違いの疑い濃厚」
障害者郵便割引不正:枝野氏「検察の間違いが濃厚」と批判

長野で一家3人不明、山林を遺棄容疑で捜索へ(読売新聞)
福知山線事故 JR西 脱線防止策進ちょく状況など報告(毎日新聞)
会長選、次回にも直接選挙に―日医・原中会長(医療介護CBニュース)
<東京・瑞穂の遺体事件>同居の33歳女を殺人容疑で再逮捕(毎日新聞)
【こども】砂場遊びの効用 自発的な遊びの中に意味のある変化(産経新聞)

<総務省>山田、中田氏が顧問辞任(毎日新聞)

 総務省は9日、山田宏・東京都杉並区長と中田宏・前横浜市長が昨年10月から務めていた同省顧問を辞任したと発表した。山田、中田両氏は夏の参院選に向けて月内の新党結成を目指している。両氏は「一身上の都合」を理由とする辞任願を郵送し、原口一博総務相が了承した。

【関連ニュース】
総務省:官房総務課長らの人事異動 大臣遅刻で「更迭」か
消えた年金:第三者委の廃止検討 総務省は行政評価に集中
原口総務相:自殺報道照会「今後、十分に注意」
原口総務相:遅刻で謝罪 参院総務委が中止
原口総務相:出版パーティー開く 会費2万円で「質素」に

金子・土田両氏の資産公開(産経新聞)
立体駐車場から車転落、60代?男性2人死亡 大阪・八尾の西武百(産経新聞)
山崎直子宇宙飛行士 コンテナ移設で若田さん「仕事満点」(毎日新聞)
経済対策・財政再建が「両輪」=新党名は持ち越し−与謝野、平沼氏ら(時事通信)
スペースシャトル 打ち上げ成功 山崎さんら7人乗せ(毎日新聞)

首相動静(4月5日)(時事通信)

 午前7時50分、公邸発。同52分、官邸着。同55分、執務室へ。(了)

「草刈り担当ヤギ」が出産=那覇市〔地域〕(時事通信)
<ソメイヨシノ>東京で満開…平年より4日早く(毎日新聞)
堀江元社長の資産、競売中止=供託金支払い−東京地裁(時事通信)
2月税収4.3%減=マイナス幅は縮小傾向−財務省(時事通信)
拉致担当相が黄氏と面会、北の情勢聞き取りか(読売新聞)

<普天間移設>政府案「複数も」…鳩山首相(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は29日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について「いろいろな選択肢の中から、最終的には一つにして交渉をまとめていく。いくつかの案が最初にあることは当然かもしれない」と記者団に語り、政府案に複数の移設先を盛り込む可能性に言及した。26日の記者会見では3月中に政府案の一本化を目指す考えを示したが、29日は「今月中じゃなきゃならないと法的に決まっているわけではない」と修正した。

 これに関連し、平野博文官房長官は29日の記者会見で「交渉する立場からいうと、代案を持たない交渉では大変苦しくなる。一つの案の中にも選択肢がある」と移設候補地を複数示して交渉にあたる意向を表明。岡田克也外相も政府案を一つに絞る必要はないとの考えを示している。【朝日弘行】

【関連ニュース】
岡田外相:米国防長官と会談へ 普天間移設など協議
普天間移設:北沢防衛相、ヘリ引き受け先の県外分散を検討
鳩山首相:海沿いのホテルで静養 夫人と千葉・鴨川へ
鳩山首相:普天間問題 県外移設に向け全力挙げる考え示す
普天間:ヘリ部隊の訓練移転に難色 米太平洋軍司令官

<天気>ようやく春の日差し戻る 静岡など(毎日新聞)
3等海佐、酒気帯び運転の疑いで逮捕…否認(読売新聞)
1都2県でひったくり70件以上 容疑の男追送検(産経新聞)
爆発 幕末「池田屋」跡地の居酒屋で 3人けが 京都(毎日新聞)
<新種の人類>4万年前、露南部で生活 骨片のDNAで判明(毎日新聞)

「消費者、患者の観点で規制見直しを」−行政刷新会議分科会が初会合(医療介護CBニュース)

 政府の行政刷新会議(議長=鳩山由紀夫首相)は3月29日、規制・制度改革に関する分科会の初会合を開催した。冒頭にあいさつした枝野幸男行政刷新担当相は「この開催をスタートに、本格的な規制改革にかじを切る」と述べた上で、「消費者であるとか、患者さんであるとか利用者の観点で規制を見直していただきたい」と強調した。分科会は早ければ5月末までに結論をまとめ、行政刷新会議に報告する。分科会は下部組織として、特定分野を検証するワーキンググループ(WG)を設置。医療分野を議論するライフイノベーションWGは4月5日に初会合を開く予定だ。

 同分科会の分科会長には、大塚耕平内閣府副大臣(規制改革担当)が就任。このほか田村謙治内閣府大臣政務官や、ジャーナリスト、税理士、有識者など15人の民間人が参加する。
 初会合では、規制改革会議の検討結果や「国民の声」の集中受け付け期間に寄せられた規制改革提案などを基に事務局が洗い出した、議論のたたき台が示された。それによると、ライフイノベーションWGの検討テーマには、▽保険外併用療養の原則解禁▽一般用医薬品のインターネット等販売規制の緩和▽医行為の範囲の明確化-など13項目が掲げられた。

 分科会終了後の記者会見で大塚分科会長は、3か月間である一定の成果を上げていくことを前提とした上で、4月は担当分野や検討課題に関する情報収集やヒアリングを実施し、5月は改革の方向性を議論、5月末か6月初めに検討結果を行政刷新会議に報告することを目指すとした。
 また大塚分科会長は、「委員でまとまらない場合は、関係者を集め公開の場で『規制仕分け』をする」と述べ、議論の場を「規制仕分け」に移して政治判断する可能性を示した。


【関連記事】
事業仕分け第2弾、4月下旬と5月下旬に実施へ
規制・制度改革分科会に「驚きを禁じえない」−日医が見解
保険外併用療養など「早急な結論は危険」―枝野行政刷新相
医療・介護などの規制改革へ向け分科会新設―行政刷新会議
「保険外併用療養」の在り方見直しなどを緊急課題に―規制改革会議が提言

<姫路爆発事故>支管3カ所で可燃性ガスを検知 現場検証で(毎日新聞)
<2歳児死亡>母親と同居男を傷害容疑で逮捕…大阪府警(毎日新聞)
<判決文偽造>元書記官に懲役11年 さいたま地裁判決(毎日新聞)
EXILE事務所1億円以上所得隠し 東京国税局指摘(産経新聞)
「祇園の夜桜」食べ残し狙うカラス集まり衰え(読売新聞)

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
リンク
クレジットカード現金化 即日
ネットビジネス
ショッピング枠現金化
情報商材
情報商材レビュー
クレジットカードのショッピング枠を現金化
自己破産
携帯ホームページ
携帯ホームページ
selected entries
archives
recent comment
  • <コースター事故>通報は3時間後 教師の要請受け、初めて(毎日新聞)
    タランチュラ (06/12)
  • <コースター事故>通報は3時間後 教師の要請受け、初めて(毎日新聞)
    栗花畑 (04/20)
  • <コースター事故>通報は3時間後 教師の要請受け、初めて(毎日新聞)
    志波康之 (01/14)
  • <コースター事故>通報は3時間後 教師の要請受け、初めて(毎日新聞)
    ガトリング白銀 (01/08)
  • <コースター事故>通報は3時間後 教師の要請受け、初めて(毎日新聞)
    道隆 (01/04)
  • <コースター事故>通報は3時間後 教師の要請受け、初めて(毎日新聞)
    タンやオ (12/30)
  • <コースター事故>通報は3時間後 教師の要請受け、初めて(毎日新聞)
    リョータ (12/26)
  • <コースター事故>通報は3時間後 教師の要請受け、初めて(毎日新聞)
    まろまゆ (12/21)
  • <コースター事故>通報は3時間後 教師の要請受け、初めて(毎日新聞)
    ゴンボ (12/15)
  • <コースター事故>通報は3時間後 教師の要請受け、初めて(毎日新聞)
    俊之 (12/02)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM